MENU

就職活動で最も大事な事

面接で緊張しない為にする事

希望の会社に就職するためには、書類選考に通過して、さらに面接も突破しなければなりません。履歴書や、職務経歴書などで書類選考を受ける時には、書類を時間をかけて書くことができます。一方、面接はその場のとっさの判断で、どう答えるかが重要なポイントになります。そのため本番で自分のやる気や思いをしっかり伝えられるよう、事前の準備が大切となります。採用面接の質問内容は、企業によって異なっていますが、基本的には自己PRと、志望動機が質問の中心になります。この質問にどのように答えるかで、採用担当者の評価を高めることができるでしょう。志望動機と自己PRは履歴書などにも記入しますが、書類のスペースの関係から省略的な内容になっています。履歴書に書いたことをベースにして、内容を膨らませて訴求力を高めることを意識して、面接の場で話せるようにしましょう。相手が納得する志望動機が話せるように、考えていることに加えて、体験談をプラスできるといいでしょう。自己PRにおいても、自分の長所を過去のエピソードに基づいて伝えることができれば、評価も得やすいでしょう。予め、面接に行った時に話す内容や、対応策を考えておくことで、緊張しないで話せるようにしておけるでしょう。面接対策用の書籍や、就職支援の情報サイトなどを閲覧することで、面接の対策方法や、よくある質問についての事前情報が得られます。